2007年12月10日

日曜日 ~抹茶ラテ~

日曜日の午後、友人が出店すると聞き、

アートフリーマーケットへ行って来ました。

地下鉄に乗るのも久々♪

最寄の泉中央駅から勾当台公園へ。


地下から 141 へ入り、

1階にある キャトル・セゾン と 日比谷花壇 を眺めてから

アーケード(一番町買物公園)へ出ました。


日曜日 ~抹茶ラテ~


友人たちと待ち合わせることになった一番町のドトールにて

いつもはコーヒーを飲みますが、この時は 抹茶ラテ を飲みました。

「宇治抹茶100%と自慢のミルクで作った抹茶ラテ」

S 300円  M 350円  L 400円  (私はSをオーダー)

宇治抹茶。 よく聞くことはあるけれどよく知らないので

宇治抹茶の起源を少し調べてみようと思いました。



「茶」そのものの起源は紀元前の中国へ遡り・・・。「茶草」という薬草としての歴史が少なくても2200年。「喫茶」として広まりはじめたのは唐の時代、書物では『茶経』が知られています。

※「茶経」とは陸羽(唐時代の文筆家)が茶の知識をまとめた書物

日本に「茶」が伝わったのはいつなのかはっきりしていないそうですが、薬用として飲まれていたようです。日本へ「抹茶法」が伝わったのは、13世紀初頭、チンギスハーンがモンゴルを統一した頃で、日本は「鎌倉時代」。栄西禅師(明菴 栄西)が中国から茶種と作法を持ち帰り禅宗の広まりと共に抹茶も広がっていったといわれています。

栄西が茶の栽培、抹茶の製法、喫茶法、効能などを事細かにまとめた書物「喫茶養生記」は鎌倉幕府の初代将軍源頼朝に献上されました。これにより抹茶は武家社会にも広まっていったそうです。

栄西は自分が持ち帰った茶種を明恵上人(栂尾高山寺)へ贈り栽培と喫茶を薦めました。茶の美味しさと効能を認めた上人が宇治郡大和田に茶を植えたことが宇治茶のはじまりです。後に、宇治茶をこよなく愛した足利義満が宇治七茗園と呼ばれる優れた茶園を宇治の里に作りました。

当時は茶をたしなむことができたのは上流階級のみ。織田信長、豊臣秀吉なども茶をたしなんでいたことはよく知られています。一般人も茶をたしなむようになった現代も、茶の栽培や製法は変わっていません。


よく「抹茶」を使用した飲料や洋菓子・和菓子の広告や商品を見かけてきましたが、これから自分の意識が変わると思います。
横浜の若旦那さんが開設したフォトラバ『抹茶☆BAR』にも参加しました♪

追伸:アートフリーマーケットのことはこの後アップ予定です☆




この記事へのコメント
045-082(初代若旦那)さん
こんばんは♪ いらっしゃいませ☆
横浜のブログへもコメントありがとうございます♪
知らないし調べてみよう・・・と安易にはじめてしまいました^^;
すごく勉強になりました♪
抹茶(茶)の歴史は日本(と中国の一部)でこれだけあるのですから・・・

そうですね♪緑がテーマカラーです♪理由はいろいろと♪
いつかお話しますね^^

若旦那さんもお忙しい時期かと思いますが、お互い元気に過ごしましょう♪
Posted by YueYue at 2007年12月11日 22:25
こんにちは。。
こちらにもお邪魔です。

いやぁ~抹茶史、凄いですね。
勉強になります。

考えてみたら、Yueさんのブログタイトルも
「抹茶」色なんですよね。

師走、身体には結構、辛い季節。
くれぐれもご自愛くださいね。
Posted by 045-082(初代若旦那) at 2007年12月11日 16:55
加奈子さん
抹茶ラテ好きですかぁ?♪
寒い日はあったかいものが欲しくなりますよね♪
Posted by YueYue at 2007年12月10日 23:23
いやぁ~ん☆ワラ

こんな寒い日には、とってもいいですねっっ♪))

私も飲みた~っい(∀)/
Posted by 加奈子 at 2007年12月10日 22:36
この記事へのトラックバック
フォトラバ 抹茶☆BAR に初参加♪ドトールの抹茶ラテです^^この写真のエピソードは → こちらのブログに書きました。予告☆日曜日に、アントニオ猪木酒場へ行ってきました♪1!...
抹茶ラテ【* hare's diary *】at 2007年12月10日 21:40
「日曜日 ~抹茶ラテ~」の続きです。抹茶ラテを飲みながら待っていると、友人2人が到着。アートフリーマーケットの会場は青葉区国分町にある CLUB SHAFT へ向かいました。入場料は...
日曜日(2) ~アートフリーマーケット~【* Di Verde *】at 2007年12月10日 22:44